ART WORKS Blog 桜美林大学 芸術文化学群 ビジュアル・アーツ専修 学生作品ブログ

  • ビジュアル・アーツ専修について

Information:活動報告

今年最後のオーキャン!8/19

2017年度

今回は明々館で、藤崎ゼミ×向坂ゼミによるミニギャラリーが作られました。

↓ 藤崎ゼミは和・洋・中からそれぞれテーマを選んで描きました。

DSC_5901lit

↓ 向坂ゼミは等身大パネルと・・・

DSC_5922lit

↓ デパ地下パッケージを作る課題です。全部とても綺麗!!

DSC_5914lit

DSC_5920lit

お土産に買いたくなっちゃいますね!

前日にせっせと搬入した甲斐があるほど、来場者の方々はとっても楽しんで観てくださっていました^^

何よりですね。

DSC_5902lit

前回のワークショップで大好評だったため、急遽、今回のオーキャンでもコラージュやっていただきました!

海外の雑誌や新聞(これはJapanTimesなので、日本ですかね)を切り抜いて、「顔」を作ろう!というものです。

DSC_6059lit

素材が洒落ていると、洒落た作品になって良いですね^^

DSC_6061lit

↓ は、なんとなく柏先生がカテゴリー分けされました。確かに、顔を作るとなると、何パターンかに必ず分かれますよね。

DSC_6084lit

そして!またまた新しいワークショップです。

光を工夫して印象的な映像を撮るというものです。

DSC_6047lit

DSC_6055lit

村上先生(右手)が細やかに指導してくださり、完成した映像は、とても魅力的なものでした!!

DSC_6052lit

私も長く会場にいましたが、とても幻想的な空間でした。

なかなかコアな内容なのですが、参加人数がとても多くびっくりしました。

あと、今回は、毎回やっている日本画のワークショップも長めに会場にいさせていただきました。

膠ってこうやって混ぜるんですねー。油彩とは全然違いますね。

DSC_5987lit

「キャラクター」という取っ掛かりはどの参加者にとっても入口として入りやすいようですね。

おまけに、日本画特有の平面性や文化も網羅しています。

DSC_5996lit

優しい先輩たちがサポートしてくれました☆

DSC_5980lit

一方相談会場でも、学生が大活躍!!

DSC_5898lit

こんな感じで、今年最後のオーキャンは幕を閉じました・・・

私もいろいろと初めて体験しましたが、学生、職員、教員が力を合わせて作り上げるものなんだな!と実感。

でもそれは、いつものスクールライフでも同じですよね。

オーキャンは普段会えない学生さんや職員さん、先生方とお会いして交流できる機会でした。

学外に向けてやるものですが、やっているこちら側も、結束が深まって、とても励みになる素敵なイベントです。

次回のオーキャンは3/18です!

・・・・・オーキャンはしばらくありませんが、学校見学は随時どうぞ。

また、第51回大学祭は11月4日(土)、5日(日)です!

そして、ゼミ展が12月11日~16日(日程前後する可能性あり) にあります。

ぜひ、イベントを機に、桜美林大学淵野辺キャンパスに遊びにいらしてください^^

お散歩も楽しいとっても爽やかなキャンパスですよ!