ART WORKS Blog 桜美林大学 芸術文化学群 ビジュアル・アーツ専修 学生作品ブログ

  • ビジュアル・アーツ専修について

Information:活動報告

2018年度ゆうゆう版画祭 @町田市立国際版画美術館

2018年度

2018年10月6日にゆうゆう祭が行われ、今年もはやおサークルが参加しました。今回ははやおだけではなく「桜美林草の根国際教育支援プロジェクト」の方々と合同という形で、ゆうゆう祭に挑みました。企画にご参加いただいたお客さんたちは、親子合わせて約200人にご参加いただきました。
多くの方に参加してもらえ、喜び溢れる1日となりました。

今回の企画ではテーマが(日本さん家のお隣さん)というもので、4つのブースに分かれて企画を開始しました。ロシア・台湾・朝鮮・中国の4つで行い、それぞれの国のモチーフとなるものを工夫して、地域の方々に知ってもらうというものでした。

ロシア班は「マトリョーシカ」をモチーフにし、折り紙で作るというもので、大きくポケットの付いているもの、小さめのマトリョーシカを作ってもらうものです。ロシア人形マトリョーシカの存在を知ってもらおうと工夫していました。

台湾班は「ランタン」をモチーフにし、紙パックを切り抜いて作り、お願い事を書くというものです。昔から、七夕の時期になるとランタンに願いを書いて空に飛ばす文化があり、その文化に触れてもらおうと企画しました。

朝鮮班は「文化」をモチーフにし、韓国・朝鮮の文化を塗り絵という形で、楽しみながら知ってもらう様にしました。参加者には、食べ物のスッテカーを配るなどをし、楽しさを追求しました。

中国班は「花文字」をモチーフにし、中国の文化となる縁起の良い文字を知ってもらおうと、塗り絵型にした可愛らしい作りにしました。色が固定されていないため、自分の思いつくままに描ける様な、楽しげな企画でした。

はやおサークルが今回で3度目となるゆうゆう祭の参加でしたが、今回も大盛況の会となりました。今後も読んでいただける様に子どもたちに喜んでもらえること、盛り上げること、みんなで楽しめることを目標に頑張っていきたいです。

(ライター:はやおサークル 2年生 井原貴紀くん)