ART WORKS Blog 桜美林大学 芸術文化学群 ビジュアル・アーツ専修 学生作品ブログ

  • ビジュアル・アーツ専修について

Information:活動報告

高校1・2年生向けオープンキャンパス 「ミライガク」ワークショップ

2018年度


今年度から始まった新しい試み「ミライガク」。
マイナビさんと協力して、「自分探し」にいく1日と銘打って、始まりました。
http://admissions.obirin.ac.jp/jibun/

ビジュアル・アーツの専任講師・向坂文宏先生が
「人の役に立つ」をテーマに「『色』のバリアフリー-みんながわかる表現の工夫-」と題しワークショップを行いました。

~説明テキスト~
生活の中のさまざまなところで見ることができる「バリアフリー」。高齢者や障がいをもった人などが、支障なく生活を送る上で、障害となっているモノやコトを取り除くために行われている施策です。例えば、階段への手すり、段差のない歩道などが挙げられます。平面デザインの分野でも同様のことが考えられ、実施されています。今日は、人の視覚に対する「色」のバリアフリーについて、理解を深めたいと思います。

人によって色の見え方が違う・・・普段あまり気に留めませんが、
街のなかの様々なデザインが、色のバリアフリーの考え方に基づいて考えられているんですね!

 

ワークショップでは、色相環を作ってみたり、

色の違いを伝えるにはどうしたらいいか?について実際に描いてみる取り組みをしました。

大学生の先輩たちもお手伝いしてくれました。

デザインをやっていく人にとって、なかなか大切な内容ですよね。

ただ、カッコイイ、だけでデザインは出来ていないんですね!

将来、人のために役立つ、、まさに「ミライ」な学びでした。